「昆布王国」高岡

「北前船」により根付いた昆布文化

高岡と昆布の由縁は江戸時代までさかのぼり北海道・日本海沿岸・瀬戸内海・大阪をめぐる「北前船」の寄港地のひとつが富山だった事にあります。北前船の主要な交易品が昆布。北前船のルートは昆布ロードともいわれ、これを発端に富山では昆布文化が育っていきました。

昆布消費金額全国1位の「昆布王国」

北前船が姿を消した今でも昆布をよく食べる習慣はしっかりと根付き、富山の人々は昆布を食生活に積極的に取り入れ、新しい味覚を生み出していきました。世帯当たりの昆布の消費金額は、総務省の家計調査で毎年だんとつで全国第1位をキープしており、昆布の美味しさと食べ方をどこよりも熟知しているといえるでしょう。「高岡昆布百選」はそんな昆布を愛する、高岡の伝統と歴史から生まれたおもてなし料理・商品です。地元では当たり前でも、全国的には珍しい昆布料理の数々を存分にご堪能ください。